© 2013 ueddy. All rights reserved.

FORMULA 1 SINGAPORE GRAND PRIX : Day.3

R0015182
三日目はホテルのプールから朝日を。日の出はちょうど07:00頃です。この日の夜もクローズ前に入ろうとしたのですが、ピレリが貸し切りパーティーをしてた為か入場できませんでした。ベッテルとか居たのかな。

R0015254
ホテルのカジノです。来たからには入っておかないと。「深夜特急」愛読者にはおなじみの“大小”がやはり大人気でした。ちょろっと遊んで、$10くらい頂いて、魔力に飲み込まれるまえに退散。

R0015280
定番中の定番ですが、オーチャード通りをウロウロと。ブランドショップも多かったですが、地元住人でごった返す雑居ビルも楽しかったです。

R0015271
街の中心地に在ったグッズショップ。中央のウィリアムズは、何年ものなんだという疑問以前に、ベニヤか何かで作られたハリボテでした。

R0015285
フェラーリF10を模したと思われるもの。お金を払うと、クルマに座って写真が撮れる催しです。

R0015313
だんだん作りが雑になっていきます。もうちょっと頑張れよ!

R0015317
タグホイヤーはMP4-12Cを飾っていました。この上のビジョンでは、映画RUSHの上映告知が流れていました。

R0015352
Just Married仕様なコペン。日本車も多かったです。

R0015295
シンガポール軍の広報活動でビークルが展示されていました。乗ったり触ったり、賑わっていました。

R0015365
さて決勝は混みそうなので、早めにサーキットに。T3のViewing Platformが、案内が出てなくて係員に聞いてもよく分からず、迷子になりましたが何とか18:00頃に到着。TURN3 PREMIERのゲート前まで行って、くぐらずに奥へ進むのが正解です。けっこう混雑してましたが、暫く待って最前列に潜り込めました。他のPlatformはガラガラなのに、何せスタートが観れるので人気です。

DSC_5164
18:30からDRIVERS’ TRACK PARADEです。配布されたパンフレットでは誤植で17:30からになっていました、アロンソファンというインド人に指摘されて焦りました。こちらはベッテル、ちゃんと観客を煽って楽しんでました。

DSC_5169
オーストラリア人ファンも大勢来てました。ウェーバーへの歓声は大きかったです。

DSC_5183
バトンファンも、イギリスから大勢来ていました。

DSC_5185
笑顔のオージー、リカルドです。本当にずっと笑顔です。

DSC_5195
アイスマンと言われつつ、ちゃんとグロージャンよりファンサービスしていたライコネン。

DSC_5187
ヒュルケンベルク。男前です。

DSC_5213
下位四台では一番速いピック。いいクルマに乗って欲しいです。

DSC_5224
マルシアの二人が通ったので、大声で名前を叫んだら周りの外人が笑ってました。ええやんけ。チルトン反応してくれました。

DSC_5245
マーシャル達も楽しそうでした。三日間、ハードなレースをサポートありがとうございます。

R0015380
徐々に日が落ちてきました。空が一瞬、凄い夕焼けに染まります。

DSC_5251
マーシャルカーが通過して、いよいよコースオープンです。19:30頃からレコノサンスラップが始まります。

ADRIAN SUTIL
ADRIAN SUTIL by ueddy.com, on Flickr

SERGIO PEREZ
SERGIO PEREZ by ueddy.com, on Flickr

続々とグリッドに向かいます。苦戦中のチームは何度もアウトラップを繰り返します。

SEBASTIAN VETTEL
SEBASTIAN VETTEL by ueddy.com, on Flickr

ベッテルはさすがに一周のみ。バンピーな路面を高速で走る、見開いた眼の撮影に成功です。あと、フロントのキャンバー角すごい。スタートまで、ドキドキしながら待ちます。

DSC_5500
20:00、高鳴るエンジン音の中スタート!ベッテルが先頭で飛び込んできました。

DSC_5536
アウト側で粘るロズベルグ。開始早々素晴らしいバトルです。

VETTEL vs ROSBERG
VETTEL vs ROSBERG by ueddy.com, on Flickr

落ち着いて処理するベッテル。チャンピオンの貫禄が垣間見えました。

SEBASTIAN VETTEL
SEBASTIAN VETTEL by ueddy.com, on Flickr

NICO ROSBERG
NICO ROSBERG by ueddy.com, on Flickr

二人の差は刻々と開いていきます。不思議と現地で観てる方が、速いドライバーの違いというものが感じられます。

FERNANDO ALONSO
FERNANDO ALONSO by ueddy.com, on Flickr

その後ろ、どんどん調子を上げていくアロンソ。

KIMI RAIKKONEN
KIMI RAIKKONEN by ueddy.com, on Flickr

ライコネンも付かず離れず、順調でした。

DANIEL RICCIARDO
DANIEL RICCIARDO by ueddy.com, on Flickr

SEBASTIAN VETTEL
KIMI RAIKKONEN by ueddy.com, on Flickr

一時間ほど撮影できたので、後ろの方も空いてきました。こちらもいったん、休憩タイムです。

R0015426
案外、フードコーナーも人で溢れています。欧米人はレースの楽しみ方いろいろです。T2裏、アイリッシュパブテントのタイガービールを飲んでたら残金が$1になりました。

3日目・後半へ続きます。


コメントを残す

Your email address will not be published.